当サイトについて

痛風の症状、治療、予防法や改善方法まで、
痛風の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

激しい無酸素運動は痛風に悪影響

過労によるストレスや過度な無酸素運動が痛風の原因にもなり得る!

 

痛風という病気について多くの方が、病名は知っているけれども具体的な対処法を知らない、という場合が多いと聞きます。痛風と運動について学んでみましょう。

 

痛風の原因は??

痛風と言えば、良く発症の原因とされるものにビールなどのアルコールに多く含有される「プリン体」の過剰摂取が挙げられていますが、この原因以外にも、無酸素運動が原因で疲労物質の乳酸が過剰に蓄積し、体内が酸性に傾くことで尿酸の溶解度が低下して、結晶化し痛風発作を引き起こす可能性があると言われています。

 

この危険因子を持つ方の例として、30代~50代の仕事をバリバリとこなす様な男性に痛風発症の傾向があると言われています。気質的には競争心や責任感が強く、常に忙しさを求めているような方は、仕事で溜め込んだ精神的ストレスを、肉体的に活動することで解消しようとする傾向が強いと言われます。その結果、大食いや大量の飲酒、また過度なウェイトトレーニングや激しいスポーツなどでストレスを発散させようと頑張り過ぎ、乳酸値が上昇して痛風を引き起こす可能性があるとされています。

 

痛風は尿酸値が低値なときであれば十分改善の余地がある病気です。しかし一度発作が出るほど悪化すれば、一生投薬治療を行う必要があるなど困難を伴う病気となります。ですのでまだ尿酸値が正常~低値のときに、適切な対処法によって未然に防ぐことが非常に重要であると言えます。

 

痛風の初期症状とは?

 

痛風の明確な初期症状と言うものは無いとされています。多くは健康診断などの検査によって血清尿酸血が7.0mg/dl以上であることから発見されるケースがほとんどのようです。中期症状としては、よく知られている親指の付け根の腫れと激痛が起こるのが特徴です。痛みは2~3日で軽くなり、1~2週間で治まるため、治療を受けずに放置する場合が多いようですが、数年経過して再発した際に、関節の変形や機能障害が出現したり、さらに悪化すれば尿酸塩が沈着して尿路結石や腎障害、虚血性心疾患などを引き起こす場合もあり、疑わしい場合には、早期に診断と治療を受ける必要があります。

 

尿酸値はどの程度から治療が必要?

 

尿酸値は以下の基準によって4段階に分けられます。7.0mg/dl以上になると、高尿酸血症の診断名がつきます。

 

◆正常値  7.0mg/dl以下
◆軽度 7.0mg~8.0mg/dl以上
◆中度 8.0mg~9.0mg/dl以上
◆重度 9.0mg/dl以上

多くは9.0mg/dl以下であれば、食事改善や運動療法などにより、治療が効果があると言われています。それ以上では、発作の有無に関わらず、投薬治療が推奨されています。10.0mg/dl以上もの高値になると、約30%もの人が5年以内に痛風発作を引き起こすと言う報告があります。

 

痛風の痛みはなぜ起こる?

 

尿酸は、pH7.4(体内基準値)の環境において、約7.0mg/dl溶解すると言われています。この7.0mg/dlは上記のように高尿酸血症になるかどうかのボーダーラインなので、体内pHが少しでも酸性に傾くとすぐに尿酸が「結晶」として析出してしまいます。この尿酸結晶が関節等に蓄積して、白血球など免疫細胞に異物と見なされ攻撃を受けることで、大量の活性酸素が放出されます。これが痛みの原因になっているようです。

 

痛風になると激しい運動は出来ない?

痛風になると、乳酸の蓄積を回避することから、一生激しい運動や筋トレが出来ないのかと思われがちですが、トレーニング方法を工夫すること(クーリングダウンを効果的に摂りいれること)により、ある程度乳酸値をコントロールすることが出来ます。

 

<無酸素運動で作られた乳酸が尿酸値を上昇させる仕組み>

無酸素運動は有酸素運動とは異なる代謝経路を摂り、筋肉に蓄えられたグリコーゲン(糖質)を一気にエネルギーに変える際に、乳酸を産生してしまいます。この乳酸は腎臓においてURAT-1というトランスポーターと交換されて排出されると同時に、尿酸の再吸収を促進させてしまいます。このことから、乳酸濃度が高い=尿酸値が上昇する原因になります。

 

<乳酸値を低下させる方法とは?>

増加した乳酸は、時間が経過すれば自然に低下しますが、痛風の場合できる限り短い時間に抑える必要があります。
1)無酸素運動を行った後に『有酸素運動を行う』
無酸素運動後に安静を保つより、有酸素運動(筋血流量の増大)を行った方が血中乳酸値が早く低下する。

 

2)ストレッチを念入りに行い、血流を促進させる
20分程度の念入りなストレッチによって、血流が促進され、乳酸が放出される。また、アイシングも効果的であるとされる場合もある。
3)水分を十分に補給する。
汗には尿酸は排出されないので、濃度が高くなり痛風発症に繋がる。痛風を罹患している場合は一日2リットル程度必要とされるが、運動後はより小まめに多く水分補給をする必要がある。

 

最後に

 

上記でも述べましたが、痛風は尿酸値が9.0mg/dl以下の値であれば、投薬治療を受けずに改善される見込みがあります。多くは、初期段階に痛み症状が無いため、軽視してしまいがちですが、一旦発症すると一生投薬治療を行わなければならない場合も考えられます。日常的にウェイトトレーニングを行っているという方も、工夫次第では乳酸を除去でき十分発症を防ぐことが出来ますので、面倒と思わず、運動後のストレッチまでをひとつのサイクルとして捉え、行うことが必要なのではないかと思いました。

 

出典:カラダノート