当サイトについて

痛風の症状、治療、予防法や改善方法まで、
痛風の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

痛風改善の料理献立メニュー

痛風は別名、帝王病とも呼ばれていることから贅沢病と言われてしまうこともあり、食文化が充実している現代ではまぁ仕方ないよね。とも思ってしまいます。

私自身は痛風になりやすい食事傾向を大いに満たしているものの、お酒はほとんど飲まないせいか痛風の辛い症状というものは知人の足首やかかとが腫れて悶絶している光景を見たのみです。

痛風の症状を自覚されている方でも食事を改善できる方って意外と少ないようで、奥さんや彼女など食生活のバランスを考慮してくれる方がいらっしゃる方は幸運ですが、私の知人のように独身では痛風症状の痛みが引くとすぐに元の食事に戻ってしまいます。

なのでここでは独身の男性でもできる簡単な痛風改善のための料理献立をご紹介いたします。

痛風改善のための献立として、満腹感を野菜と海藻類で満たしながら利尿作用を高めて尿酸を排出することを目的とした痛風のための料理レシピです。

– – – – – – – – – – – – – –

材料は2人前で、きしめん一玉。ホールトマト一缶。大豆の水煮150グラム。じゃがいも一個。たまねぎ半分。

その他に固形ブイヨン3個。水600cc。塩小さじ1杯。ケチャップ大さじ3杯。塩コショウ少し。

– – – – – – – – – – – – – –

まず、野菜を1センチ角、きしめんを2センチに切り、水にブイヨンの素をいれて沸騰させホールトマトを入れた後に塩こしょうで味付けします。

野菜と大豆の水煮を柔らかくなるまで煮込み、きしめんのぬめりを取るために軽く熱湯にくぐらせます。

きしめんを加えて、軽く火を通してから最後にケチャップで味付けしたら痛風改善のための簡単な料理メニューの完成です。

 

出典:痛風の辛い痛みや発作を完治する治療法と食事療法