当サイトについて

痛風の症状、治療、予防法や改善方法まで、
痛風の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

痛風に効果的なザイロリック

 

ザイロリックは、GSKファーマ社が開発したで尿酸値を抑える治療薬です。
痛風や高尿酸血症の治療薬です。従来の痛風治療薬とは違い、体内にある尿酸合成を阻止する効果があります。
痛風は、体内で尿酸が溜まることで突然激しい痛みが起こる症状です。
尿酸は血中では溶けにくいため、尿酸値が高い状態が続く傾向がありますが、ザイロリックを服用する事で、尿酸値を抑え痛風発作を防ぎます。

食生活の改善や軽い運動など、生活習慣の見直しも重要です。

 

痛風の予防

①1日2リットル以上の水を飲むように心掛ける。
②高カロリーや高タンパクの食事を控え、多品目を少量ずつ食べましょう。
③ビールは控えめにし、蒸留酒(焼酎・ウイスキー)などを飲むように心掛ける。
④軽い運動をするように心掛ける。
⑤精神的ストレスを溜め込まないようにしましょう。
⑥肥満の方は、解消に取り組んで下さい。
⑦尿酸値を下げる食品を意識して摂取しましょう。
わかめ、ひじき、昆布、ほうれん草、ごぼう、人参、キャベツ、アスパラ、里芋、さつまいも、じゃがいも、かぶ、ナス、メロン、バナナ、グレープフルーツ

痛風の原因

痛風は、贅沢病と昔から言われていますが、食事が大きく影響しているためです。
肉食や海産物(特に卵類)アルコール(特にビール)は、痛風の原因である尿酸値を増やします。
プリン体という言葉を聞いた事がある方は多いと思いますが、プリン体とは穀物や肉類、海産物などに含まれる成分です。
尿酸は、肝臓でプリン体(核酸)が分解される際に生成される成分ですが、尿酸量が排出能力を超えると、体内に蓄積されてしまい高尿酸血症(尿酸値が7.0mg/dLを超える)となってしまいます。
また食事以外にも、ストレスや激しい運動も一時的に尿酸値を上昇させる原因であったり、利尿剤などの薬や核酸成分を含むサプリメントなども原因の1つです。
男女で比較した場合に発症者が男性に多いのは、血液中に含まれる尿酸の量が女性よりも男性が多い事が原因で、女性ホルモンが関係しています。
出典:お薬なび