当サイトについて

痛風の症状、治療、予防法や改善方法まで、
痛風の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

痛風・高尿酸血症の原因と症状

痛風は、針状の尿酸塩の結晶ができ、体のあちこちに溜まって痛みをひき起こす症状の事で、風にあたっても痛むというほどの激痛を伴う厄介な病気です。

 

そもそも痛風の原因となる尿酸塩の結晶は、血液中の尿酸が多くなりすぎている状態で、尿酸は水分に溶けにくいため、血液中では尿酸塩として存在し、やがてそれが結晶化して痛風の症状を引き起こします。この血液中の尿酸が多い状態を高尿酸血症といます。

 

尿 酸とはプリン体という物質であり、体内の細胞の老廃物です。尿酸という言葉は「尿に排泄される酸」という性質に由来しているそうで、通常は代謝の経過で腎 臓から燃えカスとして尿と共に一定量排泄されるものです。尿酸の血液内における濃度、いわゆる尿酸の基準値は、おおよそ「 4.0~7.0mg/dl位」が正常とされています。

 

ふつう体内では、毎日0.5g程の新たな尿酸が自己生成され、更に食物から0.1g程を吸収されて、 常に体内外を循環しています。

しかし、何らかの異常等により尿酸が腎臓からスムーズに排泄されないという原因や、尿酸の成分となっていくプリン体の過剰摂 取、過食や美食、肥満、多量のアルコール摂取、過度の運動や筋肉疲労、脱水、継続的なストレス等の要因によって尿酸が体内に多く作られてしまう場合など、 結果的に尿酸値は上がっていきます。

また、尿酸値は遺伝による影響があるともいわれます。

【 プリン体を多く含む食品の例
※ レバー、エビ、あじの干物、子牛の肉、もつ類、ウナギ、カズノコ、ワカサギ、ニシン、カツオ、タラ、マグロ など

痛風・高尿酸血症の症状
高尿酸血症には特に「痛い」「苦しい」などの症状は起こりません。しかし高尿酸血症の状態が持続、つまり尿 酸値が高いのに治療をせずにそのままでいると、痛風、尿路結石症、慢性腎臓病(CKD)、腎不全といった疾患のリスクが高くなります。特に高尿酸血症は、 高尿酸血症 = 痛風 といってもいいほど発症の確率が高く、痛風が発症した場合、初期症状は尿酸が溜まりやすい手足の関節に表れ、最も出やすいのは足の親指の付け根に痛みを感 じ初めます。痛風発作は、ある日突然起こり、関節が赤く腫れ上がり、がまんできないほどの激しい痛みを伴います。初めは一時的に痛みが収まりますが、突然 に痛風発作が再発し、次第に慢性化します。
尿路結石症は、尿路に石ができる病気で、コチラも非常に激しい痛みを伴います。
腎障害が重症化した場合には、透析が必要になり、透析は入院あるいは通院で、毎日~数日おきに血液中の老廃物を取り除く治療で、大変な苦痛を伴います。このように高尿酸血症を放置すると

高尿酸血症によって引き起こされる合併症 】

■ 痛風
足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節に激しい痛みを感じます。

尿路結石症
わき腹や背中側あたりの激痛が発症し、倒れこんだり、のたうちまわるほどの激しい痛みを感じます。

慢性腎臓病
慢性腎臓病(CKD)は腎臓の機能が低下する病気で、初めは自覚症状がありません。慢性腎臓病が進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの 症状が現れてきます。これらの症状が自覚されるときは、すでに慢性腎臓病(CKD)がかなり進行していると考えられます。

腎不全
腎臓は、左右それぞれ約100万個のネフロンと呼ばれる尿を生成する尿細管の組織によって構成され、この組織が尿の生成、細胞外液中の水や電解質等の濃度 を調節する働きを持っています。この糸球体組織の機能が60%以下まで低下した状態を腎不全と呼び、10%未満まで進行すると人口透析治療が必要な「末期 腎不全」の状態となります。

高血圧・糖尿病・脂質異常症・高脂血症 など

 

 

出典:みたかヘルスクリニック