当サイトについて

痛風の症状、治療、予防法や改善方法まで、
痛風の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →
記事一覧

痛風の合併症を予防する

痛風の合併症になる病気は多い

食べ過ぎやアルコール類の飲み過ぎによる肥満が主な原因で発症する痛風。
脂質や糖質の代謝異常によって生じる、ほかの病気も招きやすいといわれています。
痛風による主な合併症は以下の通りです。 続きを読む

痛風や高尿酸血症と診断されたら

 

生活習慣の改善(痛風)

痛風や高尿酸血症と診断されたら、食事や運動といった生活習慣の改善を始めましょう。偏った食事や運動不足が、最大の原因だからです。そして半年から1年間、生活習慣の改善を続けて、尿酸値がどの程度下がるかチェックしましょう。
続きを読む

コルヒチンとは

概説 痛風の発作をおさえるお薬です。そのほか、ベーチェト病にも応用されます。
作用

【作用-1】
痛風の原因は関節にたまった尿酸です。発作的に激しい痛みと腫れをともないます。その引き金は、白血球による尿酸への攻撃です。白血球が、剥離した尿酸を異物としてとらえてしまうのです。
続きを読む

痛風をストレッチで改善する

 

痛風は中高年代の病気と思われていますが現在では、30歳代が最も多く、続いて20歳代、40歳代、50歳代の順となり、中高年代だけの病気とは言えません。また男女比では圧倒的に男性が多いものの、閉経後の女性も注意が必要となります。
痛風の原因は尿酸値が高いことです。尿酸値とは、細胞の新陳代謝によってできる老廃物です。この老廃物(尿酸)が血液中に多く含まれると高尿酸値となり、高尿酸値血症と診断されます。
続きを読む

痛風改善の料理献立メニュー

痛風は別名、帝王病とも呼ばれていることから贅沢病と言われてしまうこともあり、食文化が充実している現代ではまぁ仕方ないよね。とも思ってしまいます。

私自身は痛風になりやすい食事傾向を大いに満たしているものの、お酒はほとんど飲まないせいか痛風の辛い症状というものは知人の足首やかかとが腫れて悶絶している光景を見たのみです。
続きを読む

高尿酸血症の食事療法

①エネルギーを摂り過ぎない
②栄養バランスよく食事する
③アルコールは控えめに
④プリン体が多い食品を控える
⑤野菜や海藻を充分に摂取する
⑥水分を充分にとる
続きを読む

激しい無酸素運動は痛風に悪影響

過労によるストレスや過度な無酸素運動が痛風の原因にもなり得る!

 

痛風という病気について多くの方が、病名は知っているけれども具体的な対処法を知らない、という場合が多いと聞きます。痛風と運動について学んでみましょう。

 

痛風の原因は??

痛風と言えば、良く発症の原因とされるものにビールなどのアルコールに多く含有される「プリン体」の過剰摂取が挙げられていますが、この原因以外にも、無酸素運動が原因で疲労物質の乳酸が過剰に蓄積し、体内が酸性に傾くことで尿酸の溶解度が低下して、結晶化し痛風発作を引き起こす可能性があると言われています。 続きを読む

痛風発作の応急処置

痛風発作の応急処置はどうするか?

  • 患部を高い位置に保つこと(例えば、机の上に足を上げる)。患部を冷やす事。
  • 発作の起こった関節を安静にすること。マッサ-ジなどもってのほか。
  • 禁酒
  • バファリンなどのアセチルサリチル酸(アスピリン)はたくさん飲むと発作がひどくなりますので使わないほうが良いでしょう。あらかじめ医師から痛風発作用に処方された薬があればそれを指示通りに使っても良いでしょう。
  • 出来るだけ早く医師に受診すること。

続きを読む

アンセリンの可能性

「風が吹いても痛い・・・」ということから“痛風”

痛風発作は、「今までに経験したことのない激痛」などと表現され、突然起こる激しい痛みが特徴です。“風が吹いても痛む”ことから、“痛風”と呼ばれるようになったとも言われています。

痛風は、体内で尿酸が蓄積することにより、引き起こされます。尿酸には血液に溶けにくい性質があるため、体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、溶けきれな くなり、関節などにたまって結晶化します。その結晶が何らかの刺激によって剥がれ落ちると、白血球が剥がれた結晶を異物と認識して攻撃します。その結果、 炎症が起こり、痛みが生じることになります。
続きを読む

痛風・高尿酸血症の方の運動療法

尿酸の産生を高めるような激しい運動はおすすめできませんが、有酸素運
動は血清尿酸値の上昇を起こさず、体脂肪の減少、軽症高血圧の改善、HDLコレステロールの上昇、耐糖能の改善など高尿酸血症に合併しやすい様々な病態を改善させます。
具体的には野山でのウォーキングや軽いジョギング、平地での自転車走行、体操などをおすすめします。

続きを読む